京都府でも看護師不足は深刻な社会問題となっています。とはいえ、大都市を抱える自治体ですから、その取り組みは通り一辺倒ではうまくいきません。
東京や大阪ほどの規模でもなく、さりとて他の地域と同じでもない。京都が抱える看護師確保の課題は、他の自治体のそれとは多少状況が違います。
そこで、京都府では外部の有識者を招いて意見交換を活発に行うなど、他では見られない取り組みを行っています。
京都府全体を見れば、人口あたりの看護師の人数は不足してはいません。しかし、京都は大きな都市ですから、地域医療の拠点としての機能を果たすことが期待されています。
高度医療やより専門性の高い医療知識の習得が必要になるのですが、現在のところ思わしい成果を上げることはできていません。
また、北部地域では医療機関の数も看護師の数も不足しています。これは言い換えれば、一部の地域に医療の負担が集中してしまっていることを表しています。
そこで京都府では、特に看護師が不足している中丹後地域を中心に、より高度な医療知識を得たい看護師のサポートとともに、現場復帰を希望する潜在看護師の掘り下げに力を入れています。
自治体だけでなく大学病院も参画して行われているこの事業によって、今後のキャリアアップのサポートを十分に受けることが期待できます。
そういう意味では、やや競争率は高いものの確かなキャリアアップを目指して京都府で働くことを目指すのも良い選択です。