大阪府に住んでいない人のイメージとして、大阪の人は何でも一番になりたがる人が多いというものがあると思います。
もちろんそれは偏見も入っていますが、自分の住んでいる地域が何かのジャンルで日本一と言われると喜ばない人は少ないでしょう。
看護師についてのある統計の中に、大阪府が日本で一位を取っている項目があります。が、これは大阪府にとっては不名誉なことであると言えます。それは看護師の離職率の高さです。

大阪府としてはこれは当然問題です。大都市を抱える府としては、今後の少子高齢化社会にそなえて介護と医療を拡充しなければならないのですが、その中核を担う看護師の離職率が高いようでは社会的な不安が増大するばかりです。
大阪府の取り組みは、まずは厳しい労働環境を少しでも改善し、医療や介護に従事する人が健康でやりがいのある職場として働くことができるように改善を行っています。

また、現場レベルでは看護に関する知識や技術だけでなく、労務管理にも秀でた人材の育成・確保が望まれています。
ご存知の通り看護師になるためには長い時間がかかりますし、看護師として成長するのもまた、長い業務経験が必要になります。
そうして育った人材が離職してしまうのは、単に医療現場だけでなく社会にとってもマイナスです。
大阪で看護師として働くためには、こうした府の方針と自身の働き方を照らし合わせて改善していけることが望ましいようです。看護師として医療の質の向上と安定に貢献する機会を得ることができるでしょう。